FC2ブログ

RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

初の和食

2009.08.25 Tue
R0010604_convert_20090825134439.jpg

昨日のパリはどんより曇り空。夕方から雷を伴う強い雨が降ったりと
パリに来て初めての荒れた天候に見舞われる。
Nどんたちは大丈夫かしら、と心配しつつ、
学業をさぼるわけにもいかず、夜ごはんタイムに合流。

今週から徐々にヴァカンスが明けていくはずなのだけど、
魔の日曜日に続き、レストランは月曜定休の店が多く、
またまた店探しに苦戦を強いられる。
こちらに住む頼れる姉さんに電話をし、いくつか候補を教えてもらい、
ネットで詳細を検索。Nどんにこんなのどう~? と提案しつつ、
希望を伺いつつ、その店が休みかどうかを電話で確認。
その作業を何度か繰り返し、たどり着いたのは
6区ある『Shu 修』という串揚げ屋さん。

息子君もこれなら喜んでくれるでしょう!

実はわたくし、こっちで和食店に行くのは初めて。
以前にもふれたように、白いごはんやダシにさほど執着が無く。
加えて、海外の和食店を信頼していないというか。
だって、やっぱり和食は日本で食べるのが一番。

パリにも和食店は山ほどある。
昨今の和食ブーム&その手の店の氾濫を懸念してか、
昨年、ミシュランではないがパリの和食店200軒余りを格付けしたガイド
「イタダキマス」という本が登場したほど。
こっちの和食店は中国人オーナーの似非日本料理も多く、
これって???? みたいな鮨店や
たっか~、と居酒屋料理に東京の日本料理店並の値段を取られたりと、
真っ当な店に行き着くには鼻を利かせる必要がある。

で、『Shu』。
あら、なかなかやるじゃない、
そんな印象でした。ま、日本で同じお値段を払えば、
もっと美味しい和食に出合えますが、
輸入価格と思えば、相応なのでは。

メニューはコースのみ。
風38ユーロ(小鉢、串揚げ15種、ごはんとみそ汁かお茶漬け、デザート)
鈴48ユーロ(小鉢、お造り、小料理、串揚げ15種、口直し、
お茶漬けか稲庭うどん、デザート)
響56ユーロ(小鉢、お造り、季節の料理3品、串揚げ9種、
お茶漬けか稲庭うどん、デザート)
こんなかんじ。一番上の“響”が、
46か48ユーロくらいにディスカウントされていました。

値段の差は、串揚げの数や、その前に供される小料理の質と数の違いによる。

Nさまのご好意で、この日は上のクラス“響”をオーダー。
お料理は以下の通りでした。

R0010612_convert_20090825134707.jpg

R0010614_convert_20090825134851.jpg

R0010616_convert_20090825134958.jpg

R0010617_convert_20090825135101.jpg

R0010619_convert_20090825135208.jpg

R0010620_convert_20090825135317.jpg

R0010623_convert_20090825135817.jpg

R0010625_convert_20090825135922.jpg

ついついお話が盛り上がり、
ごはんとデザートは撮影し忘れ(苦笑)

さて、今週は引っ越しでばたばたと。
いま住んでいる、短期アパートから
長期契約の物件へ移動します。
そんなこんなでしばしネット環境が落ち着かず、
更新ができなくなりそう。

週末にまとめてアップの心づもり。
新居の事や、学校の事、
書きたい事はいっぱいあるのだけど。。。


●Shu
8,rue Suger 75006 Paris
01.46.34.25.88

http://www.restaurant-shu.com/




スポンサーサイト
Category:gastronomie à Paris | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。